最新の葬式プランを伝授|少人数でも行なえる

宗教による違い

上手く対応することが大切

花

宗教を信仰していた場合には、その宗教での葬式を行うのが一般的となっています。柏原市だけでなく、日本では仏式での葬儀が多いようです。今まで柏原市の葬式に参列しても、ほとんどが仏式だったと感じている人も多いことでしょう。しかし、その他にも神式やキリスト教式での葬式も日本では行われ、宗教によって場所や葬式の仕方に違いがあります。そのため、柏原市の葬儀に参加するときには、まずどの宗教での葬式なのか確認しておくことが大切です。この宗教の違いによって葬式の場所も異なります。寺院では、自宅や寺、斎場などを利用して葬儀をすることになります。しかし、神式では神社では葬儀は行いません。この理由には、神道と仏教とでは、死に対しての捉え方が違うことが挙げられます。仏教では人が亡くなれば仏の弟子になるとされています。しかし、神道では、死は穢れているとされ、神社では葬式を行うことはありませんし、神社にはお墓もありません。そのため、神式では自宅か斎場などの施設での葬儀となります。キリスト教式では、葬儀は教会で行います。キリスト教には、プロテスタントとカトリックがあります。プロテスタントはカトリックと比べ比較的自由に葬儀をするようです。また、キリスト教では、危篤の時や臨終の際には、牧師さんや神父さんが立ち会うのが一般的となっていて、この点は仏式や神式とは大きく異なります。このように、柏原市の葬式であっても、宗教によっては行う場所であったり、葬式のやり方も異なります。慣れていない宗教での葬儀では参列するときには戸惑うこともあるかもしれませんが、事前にどの宗教の葬式なのかを確認して上手く対応しましょう。

大切なポイント

フラワー

柏原市で葬式をされる際に、弔事の意味を知っておいたほうが良いです。弔事とは、故人に対しての最後のお別れの挨拶です。故人と生前に懇意だった人たちが、葬式や告別式の際に、別れを悔やむ言葉を述べることをいいます。葬式の規模にも関係しますが、前もって3人から5人を代表として選定するのが一般的です。大判の奉書紙か巻紙に墨で故人への思いを書き、表に弔辞と記した奉書紙で包むのが、柏原市における正しい弔辞となります。弔事の長さについては、特にルールはありません。ただし、長すぎると式に影響するため、5分くらいが一般的となります。口語体の文章を読み上げても問題は無く、ルールに則った表現よりも、自分の故人に対する気持ちをストレートに述べると、温もりのある弔辞となります。弔辞を読む場合、出来るだけ正確に、ゆっくりと読むと伝わりやすいです。また、柏原市での葬儀で気を付ける点は、重ね言葉である忌み言葉をできるだけ使用しないことです。忌み言葉とは、たびたび、くれぐれも、追う、返す返すなどの言葉をいいます。これらの言葉は、葬式において縁起の悪さを連想させる言葉とされ、控えることがマナーとなります。柏原市における葬儀で、参列者の気持ちを動かすのは、料理や祭壇などではなく言葉です。弔辞のお願いをされた場合、出来る限り応じて、自分自身の気持ちをストレートに、故人との思い出を述べることが、何にも増して立派な弔辞といえます。

住み慣れた場所で行う

式場

自宅をお葬式の会場した場合、斎場を確保するためのコストがかかりません。柏原で葬儀費用を抑えたいと考えている方々にとって便利な場所ですから、故人の希望とすり合わせて考慮してみましょう。特に柏原で家族葬を行いたい方々にとって自宅は落ち着ける空間です。故人を前に思い出を語らうには斎場よりも住み慣れた自宅がベストなのです。また家族皆が一堂に会し、時間を気にせず故人と過ごすことができます。柏原で自宅を使った葬式をする場合、まずは故人のご遺体を搬送してもらうことになります。ご遺体はドライアイスで守り、周辺には枕飾りの設置が欠かせません。こうした作業は葬式業者が行ってくれますから安心です。自宅葬をする際でも葬式業者を利用すれば雑務を減らせるのが便利です。故人を火葬するために役所に手続きする必要がありますが、このような仕事も請け負ってもらえます。また自宅で一般葬を行う際は多くの知り合いに通知を送る必要があります。柏原でこうした仕事を代行してくれる業者を利用すれば時間を割かずに済みます。柏原で自宅葬を行う場合、最も重要なのはご遺体を搬送する方法です。集合住宅の上階に住んでいる場合は、エレベーターの問題でご遺体を部屋に搬送できないこともありますから事前の確認が欠かせません。また集合住宅でなかったとしても、ご遺体を安置して参列者に足を運んで頂けるスペースがあるのか考えておきましょう。自宅で葬儀を行う際は、受付スタッフを確保しておきます。

宗教による違い

花

柏原市での葬式は仏式だけではありません。信仰していた宗教によっては、神式やキリスト教式で葬儀が行われることもあります。それぞれで葬儀を行う場所や仕方が異なることもありますが、上手く対応することが大切です。

もっと読む

備えて費用を軽減

花

葬式を行う際にかかる費用を軽減できるのが互助会への加入です。互助会は葬祭業社のひとつで、一定の期間に会費を払う事で結婚式や葬式などを行う事ができるようになります。柏原周辺にお住いで葬式を検討されている方も利用する事ができます。

もっと読む

葬儀に関するマナーを知る

数珠

弔問の時に必要になるのが、相場を踏まえた香典です。喪主は、香典を持参した方に香典返しの品を渡しますが、状況次第では、後日、改めて送付をする場合もあります。柏原の葬儀社では、お葬式の香典返しについてもサポートします。

もっと読む