最新の葬式プランを伝授|少人数でも行なえる

葬儀に関するマナーを知る

喪主と参列者が行う準備

数珠

お葬式の連絡を受けたら、弔問に訪れる時に香典を持参するのが常識です。宗教や宗派によって香典の金額は前後しますが、いずれの場合も自身の立場に合った金額を包みます。仏教のお葬式では、広く市販されている香典袋を使用することが出来ます。表書きの名前は自筆で書くのが一般的で、裏面には金額や住所などを記します。香典の金額は、故人の兄弟姉妹が5万円、友人や知人は5千円前後が最近の相場と考えられています。このような相場は1つの目安として捉え、無理のない範囲で整えるのが賢いやり方です。非常識な金額でなければ、多少、少な目でも誠意が伝わります。香典は、お葬式に出席する時には、必ず持参したい品です。ただ、最近は柏原でも近親者以外を呼ばない家族葬が増えていますので、お葬式のスタイルによっては香典を持参しても受け取ってもらえないことが考えられます。一方、香典を頂戴した喪主は、お葬式が終わった後に参列者に香典返しを渡します。香典返しは、帰宅時に渡すのが一般的ですが、帰りがけに受け取り忘れた方や参列出来なかった方には、後日返礼品を香典返しとして送ります。お葬式の当日に参列者に渡した品で間に合いますが、ごく親しい方には別に同レベルの金額の品を贈る場合もあります。柏原の葬儀社では、香典返しに選べる商品を紹介するなど、適宜フォローを行います。香典返しのフォローは、柏原周辺の葬儀社でも比較的多く見られるサービスですが、通常はオプション料金がかかります。気の利いた品が贈れるのが、このような柏原の葬儀社の便利さです。

種類を決めましょう

葬式

柏原で葬式を検討している人は一般葬にするのか、家族葬にするのか、火葬式にするのか、種類を決めることが大切です。それというのも、葬式の種類によって料金プランが異なってくるからです。通夜や告別式を行わなければ180000円から200000円ですが、一般葬なら500000円から600000円と約3倍も変わります。また、柏原においては小さなお葬式を扱う業者がとても多いため、料金が他の市に比べて安価な傾向があるのです。親族、友人、ごく親しい知人だけで行うのであれば家族葬をおすすめします。葬式の種類を決めた後はマナーに注意しましょう。服装は基本的には喪服を着用します。これは遺族が喪に服していることを示すものであり、参列者もまた喪服を着ます。この喪服には略式と正式があります。参列者は親族よりも格上にならないように略式の喪服を着ることがマナーです。男性であればダークスーツでネクタイも黒や地味な柄にします。女性であれば紺色やグレーなどの地味な色のスーツかワンピースを着用しましょう。遺族は喪章を腕に巻くことで遺族であることを示します。仮通夜と通夜において違いもあります。仮通夜は亡くなった後にすぐに行われるものなので、参列者側は喪服である必要はなく平服で問題ありません。しかしながら、通夜のときには喪服でなければいけません。これは柏原だけでなく日本全国でもそうです。柏原で葬式をしたり、葬式に参列するときにはマナーはくれぐれも守りましょう。

事前相談のメリット

男性

葬儀社へ葬式の事前相談に訪れる方は、柏原でも近年ますます増えています。かつて葬式の形は地域の習慣や一族の伝統に従って決められ、選択の余地はほとんどありませんでした。しかし最近では、柏原でも伝統にこだわらない葬式ができるようになり、自分の望む形で最期を迎えることが可能になっています。事前相談をしておけば、いざというとき慌てないで済むだけでなく、費用の点でも遺族に過大な負担をかけないというメリットがあります。健康な方がいきなり葬儀社へ行くのはハードルが高いと思うかもしれませんが、柏原の多くの葬儀社には、気軽に事前相談できる窓口が設けられています。相談の内容も、特別に難しいことではありません。葬式の全体的なイメージはもちろん、何人ぐらいの参列者を呼ぶか、どの程度の接待をするかなど、具体的なことを少しずつ固めていきます。予算も重要なポイントになるので、いろいろなプランを比較検討するとよいでしょう。要望がすべて実現するとは限りませんが、じっくり話し合って理想に近づけていくことは可能です。まだまだ長生きするつもりでも、備えあれば憂いなしという言葉があるように、万が一を考えるのは大切なことです。実際に死亡した際には、遺族は官公庁への届け出などで多忙になり、葬式のことをじっくり検討する余裕はなくなるのが普通です。柏原の葬儀社で事前相談しておけば、本人にも遺族にも不満の残らない葬式が行えるでしょう。

宗教による違い

花

柏原市での葬式は仏式だけではありません。信仰していた宗教によっては、神式やキリスト教式で葬儀が行われることもあります。それぞれで葬儀を行う場所や仕方が異なることもありますが、上手く対応することが大切です。

もっと読む

備えて費用を軽減

花

葬式を行う際にかかる費用を軽減できるのが互助会への加入です。互助会は葬祭業社のひとつで、一定の期間に会費を払う事で結婚式や葬式などを行う事ができるようになります。柏原周辺にお住いで葬式を検討されている方も利用する事ができます。

もっと読む

葬儀に関するマナーを知る

数珠

弔問の時に必要になるのが、相場を踏まえた香典です。喪主は、香典を持参した方に香典返しの品を渡しますが、状況次第では、後日、改めて送付をする場合もあります。柏原の葬儀社では、お葬式の香典返しについてもサポートします。

もっと読む